74年目にしてやっと語られること 『NHKスペシャルあちこちのすずさん』を観て 祖母と父に聞いた戦争体験

みなさんこんにちは。人生導師やっちです。
お元気されていますでしょうか。

今晩放送された「NHKスペシャルあちこちのすずさん」を今しがた見終わったところです。
そして、私は新しい感動に包まれました。
今回の番組では、若い人の視点で、当時の大東亜戦争(太平洋戦争)を考えるというテーマで番組は進みましたが、今までのNHKスペシャルで語られなかったような新事実が次々と出てきて、私は驚きました。
74年目にしてやっと語られることがあるんだなと思ったのです。
例えば女性たちは戦争中もパーマをしていたというエピソードがありましたが、おそらく戦争中はそんなことを正面からしたら「非国民」とののしられたのでしょうし、戦後もずっと表立って語ることができなかったのかもしれません。
当時の女子学生は戦争に出征した兵士への慰問ということで手紙を書いたそうですが、そんな手紙をきっかけに戦地の兵士との文通が続いたりもして、「写真を送ってください」などと、当時であればきっとえらいことになりそうなことも文章につづられていて、そしてそれは今の私たちも感じるごくごく当たり前の男女の間の気持ちなのです。
でも、そんなことは今まで語られてこなかったように思われます。
74年目にしてやっと語れることがあるんだろうと思いました。
語ろうとして語ることができなかったこともあったでしょうし、そもそも私たちが興味を持たなかったということもあるかもしれません。
74年の時空を超えて出てきた話。
それは今も昔も変わらない私たち人間の心でもあります。

この夏、お盆の季節。
故郷に帰っておじいさんおばあさんと会う機会もあるかと思いますが、ぜひ戦争の体験を聞いてみてはいかがでしょうか。

私は祖父だけでなく、祖母や父にも戦争体験を聞いたことがあります。
祖母は大正14年に山形県のとある山奥の村に生まれました。
そんな祖母に戦争体験を聞いたところ、何もないという言葉が帰ってきました。
戦争で苦労したこととか哀しかったこととか、何もないというのです。
山形県の山奥の農村ですから、空襲を受けたこともなく、食糧に困ったこともなく、村人が出征したとかそういう別れもなく、とにかく戦争で困ったことは何もなかったそうなのです。
戦争中は日本人が等しく苦しんでいたイメージがあったので、その話を聞いて、そんなこともあったのかと私は驚きました。
父に戦争体験を聞いたこともあります。
父は昭和17年生まれで終戦時は3歳のはずですが、やはり何も思い出はないそうで、父が生まれた秋田県の山奥の村でも、やはり戦争の影響はあまりなかった様子でした。そんな話を聞いて、戦争の運命の不思議さを思ったのです。

この夏、ぜひ、家族に戦争体験を聞いてみてはいかがでしょうか。
今までにない貴重な夏になると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA