子どもたちの自殺を防ぐために大人たちにできること 夏休み最終日・夏休み明けに向けて

夏休み明けはもっとも子どもたちの自殺が増えるときです。
もうすぐで夏休み最終日・夏休み明けを迎えるこの局面において、私たち大人はどのような気持ちで子どもたちに接したらよいのでしょうか。

究極的には、子どもに対して本気を見せることだと思います。
「一肌脱ぐ」ということだと思います。
そんな本気は子どもに必ず伝わり、子どもの生きるパワーになると確信します。

例えば学校に行きたくないと自分の子どもが言ったとします。
そんなときに、例えば

「一緒に会社を始めようか」

と言えたらどうでしょうか。
「一緒にお店を始めようか」
でもいいです。
もう学校に行かなくてもいい、自分が仕事を辞めて会社を始めるからそこで働いたらどうか、と言えたらどうでしょうか。

そこまで言えないとするならば、
例えば一か月くらい一緒に旅をしようかと言ってみたらどうでしょうか。
学校には行かなくてもいい、自分も会社を休むから、一緒に一か月くらい放浪の旅をしようかと言えたらどうでしょうか。

きっと子どもは感動すると思います。
そんなふうに言ってくれた親や大人たちを信頼するのではないでしょうか。
子どもの人生は確実に変わると思います。
その本気に接して、生きるということを学ぶのです。
そして、生きるパワーをつかむのです。
そんなふうな本気に接し、生きるということを学んだ子どもたちは、きっとどんな困難でも超えていけるでしょう。
仮に一か月放浪の旅に出たとして、
その後今までどおり学校に戻ることは難しいかもしれません。
もちろんそれ(学校に再び通うこと)を目的として旅に出るのでもありません。
いい学校に入っていい会社に入ってというような、
現代日本社会のありきたりな出世レールからは外れるかもしれませんが、
子どもたちは自らの道を開拓して力強く生きていけると確信します。

重要なのは子どもに対して大人が何かをするということです。
例えば一日でもいいんです。
大人も会社を休んでみる。
そして、どこかに行ってみる。
例えば夏休み明けの一日だけでもいいんです。
子どもを休ませ、自分も休んで、一日放浪の旅に出てみる。
それだけで、子どもは、大人を信頼し、そこから生きるということを学ぶのではないかと思うのです。
重要なのは子どもの魂を救うことです。
自分のために大人が何かをしてくれた。
それだけで、子どもは自分が愛されていると感じ、それだけで、生きるパワーが得られるのだと思うのです。

一緒に会社を始めるとか店を始めるというアイディアは荒唐無稽に思われるかもしれません。
仮にそうはできなかったとしても、
とにかく
「一緒に生きる」
という姿勢が大事なのです。
一緒に生きようという姿勢が子どもの孤独な魂を救い、子どもに生きる力を与えるののです。
今まで通り従来の価値観で学校に行くことはできないかもしれませんし、現代日本社会の価値観に沿った生き方はもはやできないかもしれませんが、それでも子どもは自らの力で人生を拓いて生きていくと信じます。

ひとりでも多くの子どもたちの魂が救われることを祈って。
いろいろな生き方ができる。
そんな現代日本社会になるように私も努力していきます。