生涯、寿命尽きるまで人生導師として生き続ける宣言 第二次世界大戦開戦日と夏休み明けによせて

今日9月1日は第二次世界大戦が始まった日であり、同時に、夏休み明けであり子どもたちの自殺がもっとも多い日でもあります。
1939年9月1日、ドイツ軍がポーランドに侵攻し、第二次世界大戦は始まりました。
今日で開戦から80周年を迎えます。
80年前の今日、あの戦争が始まったのです。
そして、9月1日問題と言われているように、9月1日は一般的には夏休み明けであり、子どもたちの自殺が一年でもっとも多くなる日でもあります。
子どもたちにとって、現代日本社会とは第二次世界大戦のようなものかもしれません。
そして、現代日本社会のさまざまな問題点や矛盾点が子どもたちに覆いかぶさり、それらがすべて凝縮して、9月1日に現れるのだと思うのです。
9月1日問題は、単純に学校に行かなければいいという問題ではないように感じます。
学校に行きたくないなら学校にいかなければいいじゃないか、という単純な問題ではもはやないように思われます。
すべての現代日本社会の問題点が凝縮してもっとも弱いところで暴発した結果が、9月1日であるように思うのです。

そんな9月1日という日に、私は、自らの決意を語りたいと思います。
私は、生涯にわたって、その寿命尽きるまで、人生導師として生きる決意を宣言します。
人生導師として、「魂の戦友」代表として、生涯、命尽きるまで、生き続けます。
人生にはさまざまな苦しみと困難が待ち受けます。
それでも、私は、人生を途中であきらめることなく、寿命尽きるまで、生き続けます。
そして、人生導師という仕事についても、魂の戦友代表という仕事についても、さまざまな困難と苦しみが待ち受けていることでしょう。
それでも、私は自ら決意したその仕事を途中で放棄することなく、寿命尽きるまでその仕事をやり続けます。
そして、苦しんでいる人々の味方であり続けたいと思うのです。

80年前の今日、第二次世界大戦は始まりました。
日本もその戦争に加わり、大変な戦争の惨禍が巻き起こりました。
アウシュビッツに代表されるようなドイツ強制収容所、そして原子爆弾投下という人類初の核兵器の使用、特攻・・・・・・
そんな不幸は、もう二度と起こしてはなりません。
そうならないように、私たちは人生の価値観を高く持ち続ける必要があります。
そして、現代日本社会は、子どもたちにとって、もはや第二次世界大戦のようなものであるのかもしれません。
その惨禍に生きて、最後の救済手段が9月1日の自殺というのでは、私たちの人生はあまりにも哀しすぎます。
現代日本社会の価値観をもっともっと高めていく必要があると私は思うのです。

それは大変に困難を伴う目標であることは理解しています。
それでも、私は生涯をかけて、その目標にチャレンジしていきたいと思います。

戦争は終わる。そして、私たちは生き続ける。