つらいとき苦しいとき遠藤周作『沈黙』を読んでみよう

私が遠藤周作『沈黙』に出会ったのは大学1年生のときで、19歳のときでした。
そのときに大変に感動し、それ以来、私のベスト1愛読書になっています。
何度も何度も読み返した本です。
人生でもっとも読み返した本でもあると思います。

私は人生でつらいとき苦しいときに遠藤周作の『沈黙』を開いてきました。
どこを開いてもおもしろい。
どこを開いてもスッと物語の世界に入っていく。
そして気が付けば深々と読みふけってしまうのです。
そして、遠藤周作『沈黙』を求めるのは、決まってつらいとき苦しいときなのです。
つらいとき苦しいときに私の手は『沈黙』に伸びます。
そして『沈黙』の主人公、ロドリゴになりきり、物語の世界に耽溺します。

遠藤周作『沈黙』は2冊持っています。
人生で同じ書物を2冊買うのも珍しいかもしれません。
とにかく何度も読みふけってボロボロになってきたので、2冊目を購入しました。
その2冊目は、うつ病に苦しんでいて公務員を休職していた時代(34歳)に購入しました。
つらいとき苦しいとき、私は何度も『沈黙』を開いたのです。

人間がもっとも高貴なのは、苦しんでいるときです。
苦しんでいる人間の姿こそ、もっとも美しい人間の姿です。

ちなみに、私が宗教に興味を持ったのも、この『沈黙』に出会ったときでした。
キリスト教に興味をもちましたが、私が興味を持ったのは遠藤周作の描くキリスト教であり、
それは、およそ実際のキリスト教とはかけ離れているように思いました。
遠藤周作のイメージでキリスト教に入ろうとするとトラブルになるだろうと思いました。
さらに、私は根源的に疑問に思う性格でもあり、
そんな根源的な問いはまちがいなく既存の聖職者たちを怒らせるだろうと思いました。
宗教に帰依したいと思ったことはありましたが、
既存の宗教は私の救いにはならないように思えて、私は長く放浪の旅をしていました。
結果として、自分オリジナルの信仰を持つに至り、それが現在の『魂の戦友』となりました。

私の原点でもある遠藤周作『沈黙』をあらためて紹介しました。
ぜひ一緒に読んでいきましょう。