ふとんから出られなくてつらく苦しいあなたへ ふとん星人でふとんだるまでつらく苦しいときに

ふとんから出られなくてつらく苦しいあなたへ。
身体的な病気だったり、
精神的な病気だったり、
あるいは障がいを抱えていたり、
ひきこもりだったり、
気持ちがふさぎこんでいたり、
学校にどうしてもいきたくなかったり、
会社にどうしてもいきたくなかったり、
さまざまな理由でふとんから出られないときはあると思います。
すっかりふとん星人になってしまって、
ふとんだるまになってしまって、
ふとんにくるまれてただただ横たわるしかないときというのはあると思います。
そんな自分がすっかり嫌になって、人生に絶望してしまうかもしれません。
そんなときのふとんの中は嵐だと思います。

ふとんの中は嵐でありながらも、それと同時に
ふとんの中は静かなる雄大な大自然でもあります。
私たちはふとんの中に入っているとき、大いなる安心感を得ることができます。
その安心感とは、まさに静かなる雄大な大自然というものだと思います。

ふとんから出られないのは、からだがふとんを欲しているからでもあります。
からだが、こころが、魂が、ふとんを欲しているのです。
そうやってふとんにくるまれて、私たちは生命力を回復させているのです。
生命エネルギーを回復させて、私たちは生き永らえているのです。
そう考えたとき、今ふとんにくるまれて出られないというのは自然なことであり、必要なことです。
そんなときに無理にふとんを出たら、もっと調子を悪くするかもしれません。
からだがふとんを欲しているときは、素直にふとんにもぐっていればいいのではないかと思うのです。
そんなふとんにくるまれている自分を肯定していいのです。

ふとんは嵐であると同時に、
ふとんは静かなる雄大な大自然でもあります。
そんな雄大な大自然であるふとんにくるまれて、今日一日を生きていきましょう。
人間は生きているだけで価値があります。
いつかふとんを出られたら、と思う必要もありません。
永遠にふとんの中でいい。
そんな肯定がさらなる生命力の回復を促すように思います。