健康になるためには

健康になるためには、健康でいられるためには、私たちはどうしたらよいのでしょうか。
11月になりました。
これから季節は冬を迎えます。
風邪をひきやすい季節であることはもちろん、冬季性うつなどと言われたりもしますが、特に日本海側は天気の悪い日が多くなり、それだけで気がめいりやすくなる季節になるかと思います。
このような寒い季節を私たちはどう乗り切ったらよいのでしょうか。
健康維持の方法、健康になるためのコツについて語ります。

健康になるための一番の道は、自分の望む道を生きることです。
現代日本社会では、とかく私たちは望まない道を生きることを求められます。
望まない我慢や忍耐を求められるのが現代日本社会ですが、
そんな望まない我慢や忍耐をし続けたら、誰だって病気になります

もちろん我慢や忍耐は人間が生きていく上で必要なことですが、
その我慢や忍耐はあなたが望んたことですか?ということなのです。
望んで受ける我慢や忍耐であれば問題はないのですが、
私たちは往々にして望んでいない我慢や忍耐を強いられます。
そしてそんなことが永遠に続くと思われたとき、
たとえば私たちは、自殺したくなったりするのではないでしょうか。
そして、私たちはすっかり病気になってしまうのです。

もっとも病気になりにくく、健康でいられやすい道とは、
やはり、自分の望んだ道を生きるということです。
やりたいことをやるということです。
もちろん、それはとても難しいことです。
それでも、私たちは、自分のやりたいことに挑戦し、
自分の気持ちを表現できるように挑むべきでしょう。
自分のやりたいことをやり、自分の気持ちを表現する。
そして、それを他人に受け容れてもらう。
そうやって私たちは健康になれるのだと思うのです。
自分の望む道を生きる、それができるようにする。
そのために私たちは努力するべきです。
そのために行う我慢や忍耐であれば、
そんな我慢や忍耐は光り輝き、
私たちはそんな我慢や忍耐をも楽しんで
生きていくことができるでしょう。

もう一つの道としては、
自分の想いを誰かに語るということです。
自分の悩みを誰かに相談するということです。
生きていく悩みとは、ひとりで抱えるにはとても大きなものです。
誰かに悩みや自分の気持ちを話す中で、
私たちは心の調子を整え、健康になっていくことができるでしょう。

自分の望む道を生きる。
自分の望む道を生きられるように努力する。
我慢や忍耐の先に健康はありません。
自分が望む我慢や忍耐なのか、考えてみてください。