困難な人生を生き抜くためには

人生とは苦しいものです。
現代日本社会は一見豊かに見えて、一皮剥けば苦しみの渦でもあります。
特にこれからの現代日本社会はますます苦しいものになっていくでしょう。
国債の増大、少子高齢化、消費税の増税。
そういったもので、現代日本社会はますます苦しく、私たちの人生は困難なものになっていくでしょう。
そんな現代日本社会において、
私たちはどのように人生を生きていったらよいのでしょうか。

それは、好きなことをやることです。

現代日本社会は好きなことをやることが認められない社会でもあります。
好きなことをやることは奨励されません。
そして、ただ我慢することが美徳とされます。
我慢に我慢を重ね、やりたくないことに耐えて耐えてやって、そして生きていくことが美徳とされるのです。
以前はそれでもよかったのかもしれません。
日本がまだまだこれから成長できると信じていた時代。
そんな時代であれば、今はつらく苦しくても、我慢して耐えていきていれば、いつかは幸せになれると信じることができたでしょうし、現にそうもなっていたかもしれません。
しかし、今はそんな時代ではなくなってしまいました。
我慢しても報われることのない時代になりました。
こんな時代を生きていくためにはどうしたらよいか。
それは好きなことをやることなのです。

よく好きなことがわからないと言われることがありますが、
それは好きと言えないだけで、本当は好きなことはあるものだと思います。
同調圧力がつよい現代日本社会において、
好きなことを好きということも
難しいものです。
こんなことを好きといったら笑われるのではないか、馬鹿にされるのではないかという恐怖にすっかりおびえて、
私たちは好きなことを好きとも言えずに、そもそも自分の好きなことが何だったのかわからなくなっているのだと思うのです。
そのような中で、
人はすっかり生きるよすがを見失い、例えば精神的に病んだり、自殺したりしたくなるのだと思います。

好きなことは子どものときから好きなものです。
そして、好きなことは困難があっても好きなものです。
どんな困難が押し寄せたとしても、
好きなものとは好きなんですね。
だから、生きる支えになるのです。
どんなにつらく苦しくても、
好きなものは好きなのです。
だから、生きていく支えになる。
好きなものがあることによって、私たちは未来に夢を抱くことができます。
そして、今日を生きることができるのです。

今は好きなことができないということもあるかもしれません。
それでも、私たちは夢を見て生きていくことができます。
今はできなくても、
いつかできる日がくるかもしれない。
そんな日を夢見て、今日を忍んで生きていく。
人生とはアウシュビッツ強制収容所のようなものかもしれません。
今は何もできなくても、
いつか解放される日がきて、できるようになるかもしれない。
そんな夢が、生きていく希望になります。

好きなことをやりましょう。
好きなことに打ち込んでいきましょう。
それが生きていく心の支えになります。
これからの時代、我慢しても報われるかどうかはわかりません。
おそらく、報われない可能性の方が高いでしょう。
今こそ、やりたくもないことは手放して、
やりたいことに取り組むべきなのです。

私はそんなあなたの好きなことを応援します。
一緒に生きていきましょう。