神仏を信じることは間違っていない 自らの信仰を告白する

生涯、寿命尽きるまで人生導師として生きるという決意を宣言した日によせて、自らの信仰について語りたいと思います。
私は今、宗教家と名乗っているわけですが、そもそもなぜ宗教家と名乗ろうと思ったのか、その背景について語りたいと思います。

現代日本社会では、宗教は悪と思われています。
宗教を信じることは否定されているのが現実です。
そうなってしまったのはやむをえないと思います。
例えばある宗教団体が毒ガスを使用して多数の市民を殺害した事件もありました。
霊感商法や強引な勧誘など、少なくない宗教団体が少なくないトラブルを起こし、そのために、現代日本人はすっかり宗教に警戒感を持つようになり、強い忌避感を抱くようになりました。
そうなった事情も理解できるのですが、それは宗教そのものが悪であるというように行き過ぎてしまった感があるように思います。言うまでもなく、人々の信仰心を悪用している一部の人間が悪なのであって、宗教や信仰そのものが悪なのではありません

そもそも、私たちは神を信じています。
もちろん無神論者の方もいらっしゃるでしょうし、それは否定しませんが、現代日本人で本当の無神論者の方は少ないと思います。大抵の日本人は、自分は無神論者と言いながらも、神を信じています。
例えば、元日には初詣に行くと思いますが、そこで「宝くじ当たれ」とか祈ってはいないでしょうか?
たいていの人は初詣に行くのではないかと思いますが、そこで学校に合格させてくださいとか、病気が治りますようにとか、交通事故に遭いませんようにとか、祈ると思います。
その時点ですでに神を信じているわけです。

もっとも神や仏を信じるのは、自分や親しい人に死が迫っているときです。
普段は神や仏を感じることはまずないかもしれません。
しかし、死が迫っているとき、人は神や仏の存在を感じます。
真剣に神に祈りたいと思うのです。仏にすがりたいと思うのです。
生きたい、生きさせてください、と人は願うのです。
自分や愛する人に死が迫っていても、それでも神や仏を信じることなく、従容とその死を受け容れられるとしたら、本当の無神論者なのでしょうし、それはそれで尊敬されることだと思います。そのような生き方を否定しませんが、たいていの人は、死の前には無力であり、死が迫っているとき、その死を回避したいと願い、また回避できないとしたときに、死後は自分はどうなるのだろうと真剣に考えるものです。
それが人間の偽らざる真実です。

当は神仏を信じているのに、信じていると言えないのが現代日本社会の真実でもあります。
人々は同調圧力に負けて、自分は無神論者であると言っているのにすぎないのが現実です。
そして、本当は信じているのに信じていると言えないことが、一つの苦しみを生んでいることもまた事実だと思います。
素直になればいいじゃないかと私は思うのです。
信じているのであれば、信じていると素直に言えばいい。
けれども、そうはできない現代日本社会の中で、信仰について語ることができず考えることもできず、すっかり疲弊して苦しんでいるのが偽らざる私たち現代日本人の姿だと私は思うのです。

私は現代日本社会の価値観の狭さをいつも批判していますが、もっとも狭いと感じるのがこの宗教についてです。
この価値観の狭さ、宗教を認めない価値観の硬直さと閉塞感こそが、私たちの苦しみの根源であると思いました。そんな閉塞感を打破し、真の心の自由をつかみたいと思ったのです。
そのために、私は宗教家を名乗ろうと思いました。
宗教家と名乗ることは、現代日本社会では極めて危険なことであると思いましたが、現代日本社会の価値観を変え、私たちが真の心の自由を得て幸せに至るためには、宗教家になるしかないと思ったのです。

もし神を信じているのであれば、素直に信じていると言えばいいのです。
それだけで、一つの苦しみから解放されます。
もし私たちがそれぞれに信仰を語ることができれば、
私たちはその信仰についてお互いに意見を交換することができます。
そんな議論を通して、私たちは信仰について学び、思想を深めることができます。
それはひとつの人生を生きる道しるべとなるでしょう。

何より、神仏を信じ、祈ることで、私たちは精神を統一し、心やすらかになることができるでしょう。
そんなやすらかな落ち着いた心で人生に向き合うことができたならば、
きっといろいろな問題が解決できるのではないかと思うのです。
仕事にせよ勉強にせよ、落ち着いた心で向き合ったときに集中して取り組むことができ、いろいろな成果を生むことができるのではないかと思うのです。
もちろん何かの利益を得るために祈ることはよこしまなことかもしれませんが、そうやって生きているのが人間の偽らざる実存であることもまた事実だろうと思います。

本当の自分を肯定する。それが生きることの第一歩だと思うのです。

私は子どもの頃から神の存在を信じてきました。
私は一度も特別な宗教団体に入ったことはなく、その信じる神は何教でもありません。
何教でもないのですが、とにかく私は神を信じてきました。
その神がいったい何なのか、正直に言えばよく分からないのが現実かもしれません。
(私が語る神の世界は、推論を重ねているに過ぎないのかもしれません)
しかしはっきり言えることは、私は神を信じているということです。
私には信仰がある。神を信じる気持ちがある。
それははっきりと言うことができます。
それが私の信仰であり、私の宗教の出発点です。
そしてそれが「魂の戦友」の原点でもあります。

神はいつも私たちを見守っている。
私はそう思ってきました。私はいつも神に祈っていました。
それだけです。
それが私の真実です。

あなたはあなたの心の中に現れる神を信じればいい。
あなたの心に現れた神と私の心に現れる神は同一です。
もし神を信じることについて一人では心細いと思うのであれば、一緒に神を信じていきましょう。