自然災害について私たちができること 今日を一生懸命に生きることが被災地のためになる

台風15号の影響で千葉では大規模な停電が今なお続いています。
停電で苦しまれている方々のご苦労を心から推察すると同時に、一日も早い復旧をお祈りいたします。

最近、異常気象による災害が本当に増えました。
私が子どもの頃には、梅雨が災害になるというイメージはまったくなかったのですが、
今は梅雨でもたくさんの方が苦しまれる時代となりました。
今は千葉で災害が続いていますが、先日は佐賀で大雨災害があり、今なお佐賀では苦しんでいる方がいらっしゃると思います。去年は西日本豪雨があったばかりですが、広島をはじめとする地域でも、今なお苦しんでいる方がいらっしゃると推察します。北海道地震でも、大規模な土砂崩れがあり、復旧は今なお続いているものと推察します。

もう、異常気象が普通になってきたのだろうと思います。
異常もありふれて起こればそれが普通になるわけですが、
異常気象や異常気候も、これからのスタンダードになっていくのだろうと思わざるをえません。
私たちは新しいスタンダードを見据えて、日頃から備えをしていかなければならないのだろうと思います。

秋田では幸いにも洪水の被害はなく、ありがたいことに今日を生きることができています。
災害に遭わなかった私たちにできることはいったい何でしょうか。
もちろん、ボランティアに行ったり募金をしたりできれば一番理想的ですが、仕事や学校、家庭のことがあって、そう簡単には被災地にボランティアに行けないという人も多いだろうと思います。
そんな私たちにできることは、今の持ち場で今日を一生懸命に生きるということなのだと思います。
目の前のやるべきことに集中する。
仕事や勉強や家事や、その他いろいろな雑事が貴重なのです。
今の自分が今までどおりやってきたことを今までどおりに一生懸命に集中する。
それが日本を活性化し、まわりまわって被災地のためになるのだと思います。

千葉市長が「自粛はご遠慮ください」と発信されていましたが、
そのとおりだと思います。
私たちは普段通り生き、そして今の自分の仕事に集中するべきなのです。
今日を一生懸命に生きる。
みんなが今日を一生懸命に生きれば、日本全体が活性化します。
それは必ず被災地のためにもなります。

もし余力があれば、ボランティアに入ったり、募金をしたりすればよいでしょうし、
私たちは普段からそんな余力が生まれるように努力できたら100点なのだろうと考えます。
もし無理と感じるようであれば、
普段の仕事、家事、その他雑事やるべきこと、そんなことをぜひ大事にしてください。
それが必ず他人のためになるでしょう。

私は普段は秋田県産のものを買っていますが、
秋田県産にこだわらず、いろいろな各地の産物を買おうと思います。
これからは梨の季節ですが、ふなっしーでも有名な船橋市の梨もおいしそうですね。

千葉の停電被害が一日も早く復旧されることを祈ります。
千葉に限らず、佐賀や広島や、その他大雨災害で苦しまれている方の復旧を祈ります。