釈迦の決断 なぜ釈迦は苦行を辞めたのか? 釈迦の人生について語る

こんにちは。お元気されていますでしょうか?
今年は暖冬の様子ですが、あちこちで寒さが厳しく刺さってくるようにも感じます。
コロナウイルスというウイルスが流行りだし、国内ではマスクが品薄にもなっている様子です。
みなさまいかがお過ごしでしょうか。
おすこやかにお過ごしでしょうか。

今日は釈迦の人生について語りたいと思います。
私は仏教徒を目指しているわけではありませんが、
釈迦の人生には思うところがたくさんあります。
釈迦の人生を知るにつけて、もう共感しかないんですね。
深く深くうなずく。
釈迦の人生を知れば知るほど、私は深くうなずいてしまうのです。
そして、ただただ共感してしまうのです。

釈迦とは、約2500年前にインドで生きた人物です。
仏教の開祖になった人です。
仏陀とも言われていますね。
現代日本社会では、釈迦や仏陀という名前を芸名にしている人もいる様子ですが、
私が語りたいのは、2500年前にインドで生きた釈迦です。

今日語りたいと思うのは、釈迦が下したとある決断についてです。
釈迦の決断はたくさんありますが、特に重要な決断の一つに、6年間にわたる苦行を辞めたということが挙げられると思います。
その苦行を辞めるという決断に、釈迦の深い深い想いがあるように思います。
釈迦の苦悩。そして釈迦の決断。
私はただただ共感するしかないのです。

今日は釈迦の下した苦行を辞めるという決断に焦点をあてながら、
釈迦の人生について語ります。
そして、釈迦が何を語りたかったのか、釈迦の想いに迫っていきたいと思います。

続きはぜひ動画をご覧になってください。