釈迦の妻への想い、そして成道後の気持ちについて想像する

釈迦には妻がいます。
ヤショーダラという女性と結婚した釈迦は、男の子ラーフラをもうけますが、シャカ国の王位を継ぐ立場である王子としての地位と妻子を置いて、出家します。
このときに妻ヤショーダラ夫人への釈迦の想いはなくなったと考えがちであるかもしれません。
しかし、私は、釈迦の妻への想いは生涯あったのではないかと想像しています。
それがいろいろな釈迦の逸話の中に反映されているように思うのです。
そんな妻への想いを想像したとき、釈迦の成道後(悟った後)の気持ちというのもまた違って見えてくるように思うのです。
そして、釈迦の人間臭さというのもまた感じられるように思うのです。
釈迦の人間臭さを思ったときに、私は釈迦の人生に共感せずにはいられないのです。

釈迦の妻ヤショーダラ夫人への想いとは何だったのか。
そして成道後の心境とはどうだったのか。
そんな釈迦の想いについて想像します。
そして、釈迦の人間としての存在に迫ります。

続きは動画でお楽しみください。