なぜ日本を語るのか この日本でこれからも生きていきたい

なぜ日本を語るのか。それは、これからもこの日本で生きていきたいから。

私は今まで何度となく動画で日本を語ってきましたが、
そもそもなぜ日本を語るのか、
今日はその日本を語りたい気持ちについて語りました。

生まれた土地で生きていきたい
そんな気持ちは誰にでもあるのではないでしょうか。
生まれた街で、育った街で、住み慣れた土地で生きていきたい。
そうであればこそ、この地域をどうしようかと真剣に悩むのではないでしょうか。

時に愛国心とかナショナリズムとか
そんな気持ちも、根源には「ここで生きていきたい」というところから生まれているように思います。
時としてネガティブに語られがちな概念ではありますが、
誰もがこの土地で生きていきたいと願っているのであって、
それがもしかしたら世界で起きる様々な紛争の根源的な感情の一つにもなっているかもしれませんが、
そんな素朴な想いをポシティブな方向につなげていければと思います。

この日本で生まれたという御縁
私はそんな御縁を大事にし、この日本で、この秋田で、生きていきたいと思います。
そうであればこそ、この日本を語りたくなるのです。
この日本がさらにより良く生きてゆける国になってほしい。
そして、この日本に住む誰もが生きてゆける地域になってほしい。
さらにそして、そんな日本が世界を支え、世界が生きてゆける。
そんなことを思い願うのです。

新型コロナウイルスが流行し、東京オリンピックの中止もささやかれる今、
あらためて原点に立ち返って、日本への気持ちを語ります。
続きは動画でお楽しみください。