現状を肯定する 疑問を感じる私たち自身を肯定する

私たちは矛盾した価値観を抱えながら日常を生きています。
そんな私たち自身の心を肯定する。
今の日本人の現状を肯定する。
そのことが私たちの人生の困難を乗り越える出発点であると感じています。

『現状を肯定する』とは、私自身の思想の根源的なテーマでもあります。
まさに高山思想の出発点でもあるのです。

現代日本社会の価値観とは、唯物論的な価値観が根底にあります。
現代科学文明の発達の中で、私たちは私たち自身を物質にすぎないと捉えています。
死ねば物質に変える、心は消失し、魂は存在しないと考えています。
その一方で、私たち日本人は正月になれば初詣として神社に行き、神に真剣に祈ります。
また、誰かが亡くなれば、仏教的な葬式を行い、死後の世界や仏となった死者の存在を考えたりもします。
明日はお彼岸ですが、墓参りを通して、亡くなった人の存在を身近に感じたりもします。
そんな多様な価値観の狭間の中で泳いでいるのが私たち日本人の現状でもあります。

その現状を肯定しようと思うのです。

私たちは往々にして、疑問を否定しがちです。
疑問を感じている自分自身を否定しがちです。
しかし大切なのは、疑問を感じている自分自身を肯定することなのです。
そこからすべてが始まるように感じています。
そこから新しい人生が始まるのです。

続きは動画でお楽しみください。