歳を重ねることについて、花木と私たち

人間世界では、歳を取ることは一般的にネガティブなこととしてとらえられがちである。
若いときがすばらしく、若さを失えば人生の価値は低下していくかのようにも語られがちであるが、
そんなときに思うのは、植物の世界である。
動物の世界であれば、歳を取ること、高齢になることはあまり歓迎されないのかもしれないが、
植物の世界であればどうだろうか。

たとえば桜。
若い桜なんて誰も価値を持たないのが現実かもしれない。
幹の細い小さな背丈の桜を見ても、私たちは素通りするだけだろう。
ある程度樹齢を重ねて、壮年となった桜を見て、
私たちは感動して、その木の下に集まって花見をしたり宴会をしたりするだろう。
そして桜は成長し続ける。
樹齢100年も超えてくると、美しいだけではなくてどことなくありがたさも生まれてくるように思う。
樹齢数百年の桜ともなってくると、確かに幹や枝を見ると高齢になったことは感じられる。
枝がまがりくねったり、幹も割れたりして、老いていることが実感される。
しかし、そんな桜に咲く花を見て、私たちは新しい感動を感じることもまた確かである。

現実問題として、桜のようには感じられないのが人間世界の「老い」なのかもしれないが、
同じ高齢といっても、その価値に植物と動物では天地の差があることにせつなさを感じざるをえない。
例えば秋田は杉の国であり、秋田杉は有名である。
たまに巨大な秋田杉の幹を輪切りにしたものが展示されていたりするが、
そんな幾重にも重なる年輪を見て、私たちは感動を感じることもまた事実である。
木はうまく育てば私たちよりもはるかに長い時間を生きる。
そして時間をかければかけるほど木は美しくなっていく。
以前埼玉に住んでいたとき、春になると群馬県館林市のつつじが岡公園にはよく行ったものであるが、
そこには樹齢800年のツツジを筆頭として、樹齢数百年レベルのツツジが多数生きている。
なんというかあまりにも巨大な木々で、
道路脇や公園などで見るようなツツジとはあきらかに一線を画しており、
何かちがう生き物のようにすら見えてもくる。
そのあまりにもの大きさとそこに咲くツツジを見てただただ圧倒されるだけである。

私たちもまたそんな花木のように生きたいと願うばかりである。
ヤマユリは最初の数年は葉を伸ばすだけで花をつけないと言われている。
何年も経って、やっと一輪の花を付ける。
それから年を追うごとに付けることができる花は増えていく。
中には一つの株に10輪も20輪も付けるような大きなヤマユリもあるが、
何年生きてきたのか分からない。
いずれにせよ、年齢を重ねないと美しくならないのが花というものであるが、
果たして私たちはどうであろうか。
身体的な美しさはともかくとして、
人間的な成長は終わりはないと考えられるが、
これからも私たちは自分自身を鍛えていきたいものである。

◆今日の写真
今朝の秋田は大雨である。
雨が降ると草はすごい勢いで伸びる。
草やカエルなどは大雨を喜んでいるのかもしれないが、
私たちにとっては参ったものである。

◆ご感想をおよせください
leader★yatti.org(★を@にかえてください)