どんな小さなところにもある生態系

今日はすっかりと空が晴れた。
昨日おとといまでひたすらに降り続いていた雨が止み、写真のとおり空が晴れた。
梅雨明けなのだろうか。
天気予報を見ても、明日以降は晴れが続いている。

晴れたので、草取りをすることにした。
雨が降ると草はものすごい勢いで伸びる。
今後雨は少なさそうなので、いっせいに草取りをすることにし、草と向き合った。

草はあちこち勢いよく伸びている。
申し訳ないと思いながらも取っていく。
コンクリートの隙間に生えているような草、道路と敷地の境にあるちょっとした土に生えた草。
気が付けばけっこう苔が伸びている。
草を取ってみると、小さなアリが広がり、カブトムシの幼虫のすごく小さなようなやつとか、ダンゴムシの小さなやつとかが現れる。
土といっても、コンクリートの側溝の境目で、深さ1センチもないような土なのであるが、草を取ってみると、その草の根元にはたくさんの昆虫が暮らしていて、生態系を作っていた。
どれも小さなもので、アリもものすごく小さいのだが、もしかしたら巣でも作っていたのかもしれない。

驚いたのは小さなマツみたいな芽で、コンクリートの間にマツみたいなとげとげした葉を伸ばしている。
取ってみると、10センチはあろうかという一本の根を伸ばしていた。
こんなタネはどこから来たのだろうと周りを見てみると、おむかいさんの庭に松らしき木が植わっており、もしかしてあのマツのタネ?と驚いた。マツのタネがこんなところに流れ込んで芽を出したとするとすごいことである。
小さな側溝の壁面の隙間から芽を出している草とか、いったいどんなふうにそんなところにタネが入ったのか驚く。
深さ20センチくらいの小さな側溝にちょこっと水が張っていたが、そこにはアメンボがいたりして、こんなところにアメンボがいるの?とこれまた驚く。
先日雨が降っているときはカエルがコンクリートを飛んでいたりしたが、今度はアメンボで、なんと自然が豊かかと驚く。

しかし、住宅街であり、どれもこれも個体の大きさとしては小さい感じである。
山に住む昆虫たちとは明らかに体が小さいが、小さいからこそ住宅街が住みやすいのかもしれない。

草取りは無事に終わった。
ちょっとした草ではあるが、そんな草のまわりに広がる生態系におどろく。
ちいさな草を頼りに、たくさんの虫たちが暮らしている。
小さな虫たちであるが、その小ささを活かして、住宅街のコンクリートの隙間に活路を見出している姿は、ニッチな隙間を狙って新しい商売をはじめて生きている私たちのようでもある。
私たちもまた小さくても小さいなりにすみかを開拓して生きていきたいものである。

◆今日の写真
今日は晴れた。セミが鳴いている。いよいよ夏がはじまる。

◆ご感想をおよせください
leader★yatti.org(★を@にかえてください)