秋田に咲く秋の花を眺めながら、今日を生きる

みなさんこんにちは。
あちこちでコスモスが満開で、写真のようなコスモスが街中のあちらこちらで見かけることができる季節になりました。
先月初めからトンボを秋田の街中ではすでにみかけるようになりましたが、もうトンボも少なくなってきたというか、気温も下がるようになり、街路樹も赤く染まるようになりました。
10月にいよいよ入りました。
みなさんお元気ですか?

秋の花を撮影したくて、田んぼのあぜ道を歩きました。
田んぼでは稲刈りが終わるような季節となりました。
まだ稲穂が実っている田んぼもありますが、もう一息で収穫は終わりそうです。
あぜ道では、コスモスのほかに、小さな花々も咲いています。

ネットで調べたのですが、いまいち名前が確定できなかったのですが、
秋になるとよく見かけるような気がします。
以前埼玉に住んでいた時も、秋になれば見かけたような気がします。

この草は衣服に付くんですよね。
子どもの頃、よく友だちの服に付けて遊んだ記憶があります。
投げて友だちの服に付けてみたり、気が付けば自分の服にいっぱい付いていたり。
今の子どもたちはそんな遊びをするのかわかりません。
すべてがアスファルトで舗装されて側溝も整備されて、
昔は空き地も多かったものですが、今となってはすべて開発されて空き地もなくなり、
こんな草を街中で見かけることも少なくなりました。
写真のとおり、もう田んぼの稲刈りは終わっています。

そんなこんなで、あぜ道を歩きながら、秋を感じていました。
先日は朝に空を見上げたら、渡り鳥が百羽ぐらいの大編隊を組んで東の方へと飛び去っていきました。
綺麗なブーメランのような形で、訓練をしたわけでもないと思いますが、彼らは彼らで生きる中で必死になる中で、そのような編隊を組むことを学んでいったのだろうと思います。

先日は中秋の名月でした。
当日は日中は雨で、今日は月は見られないかなと思っていたのですが、夕方には雨はやみ、夜はきれいな満月を見ることができました。
街路樹もすでに赤く染まるようになり、友人にも気が付いたら街路樹を見てみたらと話しました。
友人もまた街路樹や満月を見たということで、秋の深まりを感じます。

今日を生きるとはよく言われることですが、今日を生きるとはとても難しいことです。
往々にして過去を悔やんだり、未来を不安に思いすぎたりして、今を考えなくなることは誰でもあるのではないかと思います。
今日が過去になり、今日が未来を作っていくのですが、今日を努力できずに苦労するのは誰でも同じことだろうと思います。
そんなときに、空を見上げたり、道端に咲く草花を眺められたら。
少しでも空を見上げて木々の紅葉が目に入ったり、道端に咲く花を見ることができたら、そんなこころの余裕を持つことができたら、私たちは困難にチャレンジしていけるように思います。

今月も後半になればストーブを付ける時期になるだろうと想像します。
扇風機はもうすでにカバーをかけてしまいました。
夏のものを片付けて、冬のものを準備する頃合いにもなりました。
昨日のニュースで、10月2日を秋田県温泉の日に定めたというニュースを報じていました。
新型コロナウイルスの脅威もとどまるところを知らない最近ですが、時に温泉につかって心身を休めながら、今日できることをやっていきたいものです。

◆ご感想をおよせください
メールフォームを開く

お彼岸のおそなえもの 私が今回用意した3点の品を紹介します

お彼岸の時期ですね。
4連休はじまりましたが、みなさんいかがお過ごしでしょうか。

お彼岸ということで、お墓参りそして仏壇へのおそなえものとして3点の品を用意しました。
そんな3点の品を動画の中で紹介しています。

さて、みなさんにとって仏壇ってどんな存在でしょうか。
仏壇はいつもお菓子や食べ物であふれているようなイメージが私にはあります。
どんなご家庭でも、多かれ少なかれ食べ物が多くそなえられているのではないでしょうか。
ちょっと何か食べたいとき、何もないときに仏壇にいっていただいてきたりすることは、誰でもあるのではないかと想像します。
行儀が悪いかもしれませんが、本当に何もないときに仏壇のお菓子や食べ物はありがたいものです。

お彼岸というイベントは、みんなが集まる良い機会なのだろうと思います。
お墓参りというのは、ひとつのきっかけなのだろうと思います。
多くの人が集まるというのは、何かきっかけがないと難しいのが現実ではないかと思いますが、お彼岸というイベントを通して、人が集まり、語りあう。
亡くなった人を思い出すというのはそれは実は理由にすぎず、
本当は生きている私たちが会って語りあうことにこそ、真実があるのかもしれません。
そうやって私たちは生きてきたように思います。

今年は新型コロナウイルスでたくさんの人が集まるということは難しいかもしれません。
ぜひ電話だけでも連絡を取り合えたらいいですね。

4連休、みなさんお元気にお過ごしください。
ぜひ動画をご覧になってください。

◆ご感想をおよせください
メールフォームを開く

秋田出身の総理大臣の誕生を秋田の地から喜ぶ

昨日、菅義偉首相が誕生しました。
菅首相は秋田県出身者です。
秋田にゆかりのある人で総理大臣になった人は戦前を含めてもおらず、
菅首相が初となります。
秋田出身者が総理大臣になったことを素直に喜んでいます。

菅首相の座右の銘は「意志あれば道あり」ですが、
この言葉は私も深く共感する言葉です。
私は「実現は思うことから始まる」と考えていますが、
何事も意志を持たなければ始まりません。
もちろん意志を持っただけで終わってしまうことが多いのも人間の現実ですが、
それでもなお意志を持つことが今日、今まで以上に重要になってきているように思います。

今の子どもたちからも未来の菅義偉が誕生してほしいと願っています。
菅首相は今までご苦労されてついに総理大臣までなられた方だと思います。
貧しい状態で苦しんでいる子どもたちも多い今の日本において、今平民庶民である子どもたちが将来に立身出世できるような日本であってほしいと願わずにはいられません。

私たちも「意志あれば道あり」でがんばっていきたいですね。
ぜひ動画をご覧になってください。

◆ご感想をおよせください
メールフォームを開く

家計簿の体験談 お金の節約と成長を考える

去年8月から家計簿をつけはじめて、1年以上続けてきました。
大学生時代に1~2年くらい家計簿をつけていたことがありました。
そのときは、確かに支出を減らす効果があるように感じました。
自ら気を付けるようになるというか、
体感として支出が抑制されたように思います。

それからいろいろあってそんなこともやめてしまって、
20年ぶりくらいに、家計簿を再びつけるようになりました。
理由としては、自分の生活を見つめ直してみたいということがありました。
無駄遣いや支出を減らせるところは減らして、
その分を貯蓄にまわせる部分はまわして、
将来に向けて努力していきたいという思いから、
家計簿をつけはじめました。

自分の成長は自分を客観化するとこから始まるのだろうと考えています。
日々の記録をつけることで、自分を客観化する。
そこから次への道が見えてくる。
自分を客観視することを通して自分をコントロールしていく中で、
自分の成長が積み重なっていくのだろうと考えています。

1年以上続けてきた家計簿の体験を通して、お金の節約と自己成長について考えます。
ぜひ動画をご覧になってください。

◆ご感想をおよせください
メールフォームを開く

台風への備えを台風が来ていない今のうちにしませんか?

台風9号10号が沖縄そして九州を直撃しました。
被災されたみなさまにこころからお見舞い申し上げます。

台風10号は大きな台風でしたが、このような台風が今後は秋田にも来るかもしれません。
これからの季節、台風は本州にも上陸してくることでしょう。

今、まだ台風が発生していないうちに、
台風が来ていない今のうちに、
台風への準備をしませんか?

台風10号では停電がありました。
みなさんは懐中電灯や予備の電池はもうご準備されていますか?

台風への備えとして時間がかかるものはあると思います。
例えばご自宅で壊れかかっているところや不安なところがあれば、
台風が来ていない今のうちに直しておきたいですね。
台風が来る前日や前々日では間に合わないと思われます。
庭の木や花の補強は、晴れているときに事前に済ませておきたいですね。

海水温が上昇すると台風の勢力は強くなると言われています。
地球温暖化現象がこのようなところにも現れているのでしょうか。
去年も千葉や福島で台風の災害がありました。
これからの季節に向けて、平時なうちに、普段通りな日常のうちに、
準備できるものは準備したいと思います。

私の体験や災害対策の例を語りながら、台風への備えについて語ります。
ぜひ動画をご覧になってください。

◆ご感想をおよせください
メールフォームを開く